よくある質問 (患者様・ご家族様向け)

よくある質問 (患者様・ご家族様向け)

お答えさせて頂く回答は、当社の日本訪問診療機構事業にご賛同、ご加盟頂いている医師、医療機関が共通して対応して頂いているものです。

Q1. 訪問診療を申し込むにはどのようにしたら良いですか?
A1.

訪問診療の対象とされているのは、原則的に 「居宅(施設)で療養を行っており、疾病、傷病のために通院による療養が困難な方」とされております。しかし、その規定には、特に例示はなく、主治医の判断によるものとされております。

まずは、お電話にてお気軽に相談してください。

その後、当社が提携している医療機関のソーシャルワーカーがご自宅、ご施設に訪問し、訪問診療等について詳しくご説明させて頂きます。

Q2. 往診をしていただきたいのですが?
A2.

当社提携の医療機関では、おひとり様での通院が難しい患者様の「かかりつけ医」として、単に突発的な診療ではなく、定期的な訪問診療をさせて頂いております。

訪問診療をご希望の方、もしくは訪問診療をご検討されている方は、まずはお電話にてお気軽に相談してください。

Q3. どのような人が訪問診療を利用できますか?
A3.

年齢、性別、疾患状況、程度を問わずに診療させて頂きます。
例えば・・・

  • ご自宅、施設での療養を強く希望される方
  • 病院への通院が困難な方
  • 寝たきりの方、または寝たきりに準じる方
  • がんなどの治療をご自宅、施設で行っている方
  • 退院後、ご自宅・施設で療養生活を送られる方
  • ご自宅・施設での在宅酸素やカテーテルなどの医療管理が必要な方
  • ご自宅で緩和ケアをご希望の方
Q4. 訪問診療ではどのようなことをしてもらえるのですか?
A4.

全身状態の診察を基本として、お薬の処方、その他点滴、経管栄養、中心静脈栄養、酸素療法、人工呼吸器の管理等の医療措置が行われます。
また、褥瘡(床ずれ)などの処置や認知症の方へのケアにも対処して参ります。

尚、入院治療が必要となった場合には、ご家族の方と相談の上、対応して頂ける医療機関に連絡を取り、入院の調整も行います。

Q5. 訪問診療の場合、どのくらいの頻度で診療してもらえるのですか?
A5.

患者様の様子を見て決定しますが、最低でも月に2回の訪問診療を行います。
これは、きめ細かな対応をすることで病状や体調が悪くなる前に対応が図れることを目的としております。

Q6. 夜間・休日や緊急時はどうすればいいのですか?
A6.

訪問日以外等に病状や体調が悪くなった場合に備え、予め医師の連絡先をご案内しております。
お電話の内容から医師が判断し、電話でのご指導や必要に応じて看護師や医師自ら、緊急訪問させて頂いております。

もちろん、24時間対応しておりますので、まずはお電話にて様子をお知らせください。

Q7. 訪問診療にはどのくらいの費用がかかるのですか?
A7.

医療保険において、1カ月に2回の訪問診療で院外処方箋を交付する場合、おおよそ7,000円(1割負担)となります。
3割負担の方は、おおよそ20,000円となります。

その他に、採血検査、心電図などを実施した場合は別途、費用がかかります。

また、在宅酸素等の医療機器を使用する場合やがんなどの治療を行う場合も医療保険に含まれますが、別に負担金が加わります。詳しくはお電話にて相談ください。

Q8. お薬は持ってきてもらえるのですか?
A8.

基本的には処方箋をお近くの薬局にご持参いただいておりますが、お薬の配達をご希望の方は、配達を行っている薬局をご紹介いたしますので、お申し付けください。

尚、配達の場合は、別途料金がかかります。

Q9. 診療費の支払いはどのようにすればいいのですか?
A9.

診療費は、通常、月単位でのお支払いとなります。

例えば、9月の診療費は10月の上旬にご連絡させて頂き、訪問した際に直接お支払い頂くか、銀行振込となります。
詳しくは、各医師・医療機関におたずね、ご相談下さい。

Q10. 定期的に病院にも通院できますか?
A10.

訪問診療を開始した後にも、今までかかっていた先生にときどき受診されたい方もいらっしゃると思います。
専門的なことは今までの主治医の先生に診て頂くこともお勧めしております。